purple dramanote.

Netflix愛用者がNetflixドラマ、映画の情報をお届けします

ネタバレ感想「セレナ: テノーハの女王」パート1|ゼロから成功するまでの感動話【Netflixドラマ】

f:id:theclock:20201209071328j:plain

source: Netflix.com

HI !!

Netflixドラマ大好きブロガーのぱーぷるです。

この記事では2020年12月に配信されたNetflixドラマ「セレナ: テノーハの女王 (Selena: The Series)」のパート1を観た感想をネタバレありでやっていきます。

 

まだ作品を観ていない方はネタバレにご注意を!

 

気がついたら1日で完走してしまったこちらの作品。

派手さは無いけど、間違いなく面白い作品だったなって思います。

というわけで、早速いきましょうか。

 <スポンサーリンク>

 

主な登場人物

セレナ・キンタニーヤ

Cast: Christian Serratos

キンタニーやの末っ子でバンドのボーカル担当。

その歌の才能はピカイチ。

彼女を演じるのは「ウォーキングデッド」のロジータ役で知られるクリスチャン・セラトス。

エービー

Cast: Gabriel Chavarria

セレナの兄でバンドのベースかつ作曲担当。

エイブラハム

Cast: Ricardo Chavira

セレナの父親。

バンドの運営やブッキングをする。

シュゼット

Cast: Noemi Gonzalez

セレナの姉でドラム担当。

リッキー

Cast: Hunter Reese Pena

キーボード担当。

クリス

Cast: Jesse Posey

ロジャーの後に入ったギター担当。

セレナと恋に落ちる。

ピート

Cast: Julio Macias

長髪が特徴的なバンドのバックボーカル。

ネタバレ感想

80〜90年代前半の音楽が盛り沢山

セレナという80年代後半から90年代前半に活躍したシンガーの伝記なので、当たり前ながら舞台はその年代。

なので劇中ではその年代の音楽が多く使われていて、洋楽好きな私にとってはそれだけで観る価値ありな内容でした。

 

おまけに、ラテン音楽にフォーカスされているのが個人的に嬉しかったですね。

ラテン音楽は洋楽界でブームとなった2018〜2019年に詳しく知ったので、現代のラテン音楽しか知りませんでした。

で、この作品を観て昔のラテン音楽がどんな感じだったのかを知ることが出来たのはラテン音楽をより理解するきっかけになってとても有意義でした。

セレナが活躍した年代のような私が生まれる前の音楽はこういう機会でないとなかなか触れることが出来ないので、ほんとありがたいです。

だって、彼女がその年代にどれほど人気だったのかとかって実際にその時を生きた人しか分からないじゃないですか。

でも、この作品ではその当時の映像や音源なども使われていたりして、その年代を疑似体験じゃないですけどより分かりやすく理解できるのは、その時代を生きてない私にとってはとても貴重です。

心温まる家族の物語

このパート1はセレナとその家族のバンドとしての日常、そしてバンドが成功するまでの過程が主に描かれました。

実際の出来事を基にしているということもあって、派手さはない印象でした。

でも、どんな逆境にも一丸となって乗り越えようとする家族の姿などは観ていて心温まるものがあったし、、見応えは十分に感じました。

Netflixドラマ「ユニークライフ」とかもそうですが、こういう系統の作品にはどうも目がないようです。

「上を向いて歩こう」について

先日、人気韓国グループBTSがビルボードのシングルチャートで1位をとりました。

それはアジアアーティストとして2回目の快挙でした。

じゃあ、初めて1位をとったのは誰?っていうと、この作品でも触れられた通り坂本 九の「上を向いて歩こう」。

セレナはこの曲をデビューアルバムでカバーしています。

そのことが作品内で触れられていて、さらに「上を向いて歩こう」が伝えたかったメッセージについても言及があってちょっと感心しちゃいましたね。

おまけ: セレナ達が英語歌詞の曲にこだわるわけ

セレナやエイブラハムはしきりに英語歌詞の制作をしたいということを言っていました。

どうしてあそこまでこだわるのか。

もちろんセレナ達が英語圏育ちだからということもありますが、第一にはもっと”売れるため”という理由があります。

 

では、なんでスペイン語のままではだめなのか。

その理由はシンプルでアメリカでは非英語圏の音楽、映画、ドラマを食わず嫌いするから。

今でもその傾向は変わらずあって、彼らは映画などを字幕で観る習慣はなくて音楽も”歌詞が理解できてあたりまえ”という認識なんですよね。

なのでアメリカ全体でヒットしようと思うと英語歌詞が必須になります。

現に、今ヒットしているBTSが初めて全米ビルボードで1位をとった曲「Dynamite」は英語歌詞です。

こういうアメリカの文化は日本とはちょっと違うところなので知らなかったという方は覚えておくといいですよ。

最後に(パート2に向け)

セレナとクリスの関係がエイブラハムにバレてバスを追い出されたクリス。

転落の予感を感じさせるエンディングでしたね。。

さて、気になる続きですが恐らくあると思います。

というのも、シーズンではなくパート表記になっていて、初めからシーズン数が決めた状態で始めてるだろうと推測できるからです。

今から、公開が楽しみです。

また、正式な更新の発表や公開の日時が分かり次第、このブログかツイッターにてシェアしますのでお楽しみに♪

 

といった感じで、ここまで読んで頂きありがとうございました!

もし、この記事を気に入ったらぜひシェアお願いします。

では、また別の記事でお会いしましょう♪