purple dramanote.

Netflix愛用者がNetflixドラマ情報をお届けします

【The100 / ハンドレッドのすべて】その4 ~モンティ、ジャスパー、レイヴン~|シーズン1〜7までの歩みを徹底解説

: 2020/10/24

f:id:theclock:20200503095150p:plain

Hi !!

Netflixドラマ大好きブロガーのぱーぷるです。

この記事はTheCWとNetflixの共同制作ドラマ「The100/ハンドレッド」徹底解説シリーズ。

ここではモンティ、ジャスパー、レイヴンの3人について。

彼らと関わりの強い人物、そして彼ら視点でこれまでの全てをおさらいしていきます。

もちろんこの記事はシーズン7までのネタバレを含むのでまだ観ていない方はご注意下さい!

また、この他の徹底解説シリーズは以下のリンクからどうぞ↓

登場人物編その1~クラーク~ 

登場人物編その2~オクタヴィア~

登場人物編その3 ~ベラミー、マーフィー~

登場人物編その5 ~アビー、ケイン、ジャハ~

ストーリー編|5分で分かるシーズン7までのストーリー!

といったところで早速きましょうか!

 <スポンサーリンク>

 

モンティ

基本データ

f:id:theclock:20200509075341p:plain
source: imdb.com

100人の1人。

仲間のテク担当。

ジャスパーと親友。

 演じるのはアメリカの俳優クリストファー・ラーキン

関わりの深いキャラクター

ハーパー 

100人の1人。

S1ではジャスパーに恋していたものの、それ以降はモンティと意気投合しS3で恋人となる。

S5で最後の生存可能地域が失い宇宙へ逃れたときにモンティと共にカプセルに入らず、新しい惑星へ船を導き一生を終える。

彼女ってとてもいい子に見えるんですが、一体どんな罪で囚人になったんですかね?

ジョーダン

モンティとハーパーの息子。

モンティの歩み

・シーズン1

100人の1人として地上に送られる。

終盤にマウントウェザーに捕らえられる。

・シーズン2

ジャスパー達と協力してマウントウェザーに抵抗する。

・シーズン3

アリーの侵略をレイヴンのサポートをしながらクラーク達と共に食い止める。

その過程でハーパーと恋仲に。

・シーズン4

クラーク達と協力しプライムファイア到来に備える。

結局、宇宙ステーションへ逃れることになるが臨終すると言うハーパーに対し説得に苦戦する。

それでも最終的に彼はハーパーと共に宇宙ステーションへ避難する。

・シーズン5

ベラミー達と共に仲間の救出に協力するが、その中で戦い続けることに疑問を感じるように。

谷を懸けた戦いの終盤に投下された爆弾から逃れた彼はカプセルへ。

しかし、ハーパーと共に船を新たな惑星へと導き宇宙船で一生を終える。

最後のビデオログは感動そのものでしたね。。

・シーズン6

クラークとジョセフィンの”脳内戦争”で登場しクラークを手助けする。

私が思うモンティについて

彼はもう聖人のような優しさがある人ですよね。

そのうえユーモアもあって、とても好感が持てるキャラクターだと思います。

だからこそシーズン5のラストのシーンは感動できたんだと思うし、彼の存在は作品において欠かすことが出来ないと思いますね。


あと、忘れてはいけないのは彼が優秀なメカ担当であるということ。

レイヴンという最強のメカ師の影に隠れてしまってますけど、彼もかなり優秀ですよね。

この強力なメカ担当の2人がいたからこそクラークの作戦が成功してると言ってもいいくらい、彼は影の力持ち的な存在だったと思います。

ジャスパー

基本データ

f:id:theclock:20200509080137p:plain
source: imdb.com

100人の1人。

でかいゴーグルがトレードマーク。

仲間のムードメーカー的存在。

演じるのはカナダ出身の俳優デヴォン・ボスティック

関わりの深いキャラクター

マヤ

マウントウェザーの住人の1人。

ジャスパーの恋人となるが、クラークとレクサ率いる軍勢の攻撃の際に命を落とす。

この出来事がきっかけでジャスパーはひどくクラークを嫌い、生きる残ることへの疑問を覚え始める。

彼女はS6のクラークの”脳内戦争”のときに久々の登場がありましたね。

ジャスパーの歩み

・シーズン1

始めはオクタヴィアに惚れていたが実らず。

ラストにマウントウェザーに他の47人と共に捕らえらる。

・シーズン2

始めはマウントウェザーの生活を満喫していたが、徐々に実態が分かってきて残りのメンバーと協力して脱出を企てる。

その過程でマウントウェザーの住人で医療担当者のマヤと出会い恋仲に。

しかし、最後はクラークの作戦によってマヤが命を落とし絶望する。

・シーズン3

マヤを失い、自暴自棄になった彼は無謀な行動が目立つように。

それでも大事なところではクラークのピンチを救うなどの活躍を見せる。

ただルナの説得に向かった先でアリーの支配下になり終盤にモンティやハーパーの命を脅かす。

・シーズン4

光の町を失い、再び痛みや苦しみを思い出した彼は再びふさぎ込む。

そしてプライムファイアが迫る中、彼は臨終する決断をする。

モンティとは涙の別れ。

私が思うジャスパーについて

彼って、この作品の中で最も人間らしいキャラクターじゃないかなって思います。

明日の生活が保障されない極限の環境で生き残るだけでも辛いのに、その上で彼は彼女を悲劇的な形で失います。

そんな彼がプライムファイアが到来するときに生き残ることをやめたことはある程度、納得がいきます。

もし自分が「ハンドレッド」の世界にいるとしたら、生き続ける気力があるかは疑問ですから。

まあ、そもそも私のような貧弱な人間は真っ先にグラウンダーにやられてますか(笑)


ジャスパーというキャラクターはその世界がいかに過酷な環境なのかを表現しているのではないでしょうか。

 <スポンサーリンク>

 

レイヴン

基本データ

f:id:theclock:20200509080901p:plain
source: imdb.com

100人+ベラミーの次に地上へ降り立った人物。

超一流のテク担当。

演じるのはリンゼイ・モーガン

関わりの深いキャラクター

フィン

宇宙ステーションでのレイヴンの恋人。

そのため序盤はクラークを毛嫌いしていました。

マーフィー

レイヴンは彼にS1に足を撃たれ後遺症が残る。

このことが後々の話に影響していくことは皆さんもご存じですよね(笑)

シンクレア

ステーションにいた時の上司。

レイヴンは彼を尊敬していたものの、彼はS3に命を落とす。

ウェイン

お調子者の技術師。

S2に登場し、レイヴンと意気投合して恋仲に。

が、S3にはあっさり別れる。

ショウ

S5に囚人集団の船を操縦していたメカ師。

レイヴンと親しくなり恋仲となるがS6の冒頭に命を落とす。

ライカー

整備場で出会ったプライムのメンバー。

ニッキー

S7以降ディヨザの居なくなった囚人集団を率いる女性。

レイヴンに恋人を殺されて恨みを持つ。

が、最終的にはなぜかレイヴンに協力する。

レイヴンの歩み

・シーズン1

宇宙ステーションでエンジニアとして働く彼女はアビーの指示のもと、地上へ100人と遅れて降り立つ。

・シーズン2

ポッドに取り残された彼女はケイン達に助けられる。

アビーの治療を受けるが、左足の半分の神経が損傷したまま完治せず。

マウントウェザー攻略のため、無線の傍聴・リーパー撃退装置の作製・電力の無力化を担当。

・シーズン3

足の怪我が悪化。

痛みを忘れられるという魅力的な提案をするジャハに言いくるめられチップを飲む。

しかし、アリーの存在を知り脳内のチップを壊そうとするが失敗。

それでもクラークたちによって脳内のチップは破壊され、以後はクラーク達を手助け。

アリーに引けを取らないコードライティングを駆使しアリー侵略の阻止に大きく貢献。

・シーズン4

プライムファイアを乗り切るためにクラーク達と協力。

ロケットを宇宙へ飛ばせるようにするため、作業をする彼女は幻覚を観るようになる。

それは脳内に残るアリーのチップによる影響で、それに気づいた彼女は脳内のチップを除去する。

ベラミー達と共に宇宙ステーションへ避難する。

・シーズン5

ベラミー達が地上へ降り、彼女はベラミー達と囚人達の宇宙船を奪うが、ディヨザ達に捕らえられる。

その後、アビーに頼まれて囚人達の病気を治すための装置の作成を手伝うがそのときに薬物依存のアビーに失望する。

マーフィー達のおかげで脱出するが、再び捕まりマクレアリーの拷問を受ける。

それをクラークに助けられて、彼女は爆弾から避難するため皆を乗せて宇宙船を飛ばす。

・シーズン6

彼女は昨シーズンに出会ったショウと恋仲になるが、ショウはクラーク達との惑星の探索中に命を落とし彼女は絶望する。

サンクタムの町にクラーク達と共に留まる。

そこの住人に整備場があることを聞き訪れ、そこでプライムの1人のライカーと出会う。

そこでサンクタムの技術を学ぶ。

終盤は”闇の総帥”に憑りつかれたマディの救済に挑み成功する。

・シーズン7

サンクタムで原子炉が故障。

その際、彼女は囚人集団の力を借りる。

命の危険があることを知りながらそれを伝えず囚人集団を修理に向かわせ、故障は改善したものの修理に向かった人は全員、命を落とす。

それに責任を感じるレイヴンはそのまま、クラーク達と共にベラミー達の救出へ同行する。

惑星ナカラ、バルド、サンクタムそして地球へと移動を続けた彼女。

かつてのバンカーでひと時を過ごす中、バルドから爆撃を受けてエモリが重傷に。

それを助けるためストーンを探し出し、エモリをサンクタムへ連れて行く。

その後、バンカーに残る他の仲間を助けるためニッキー率いる囚人集団を連れて地球へ戻り、そこからクラーク達を助けるためバルドへ。

 

レイヴンは”最後の戦争”を”神さま”と共に観戦。

”超越”した彼女はオクタヴィア達と共に地球に戻り、クラークを迎える。

私が思うレヴィンについて

彼女のメカ担当としての技量は桁外れに優れてます。

どんな作品でも機械とパソコンに詳しいメカオタク的なキャラクターがいます。

でもレイヴンほどなんでもできる人は私の知る限りはいません。


そんな、圧倒的な技能を持つ彼女のパーソナルなストーリーはこれまた作品の中で、どのキャラよりもダーク。

足はマーフィーのせいで不自由になるし、彼女が好きになった人は次々に死んでいってしまうし、よくもそれでもメンタル的に壊れないなと思ってしまうくらいです。

最後に

ここまで読んで頂きありがとうございました!

もし、この記事を気に入ったらぜひシェアお願いします。

では、また別の記事でお会いしましょう♪

 

「The100/ハンドレッド」を視聴する↓

Netflix
The 100 | Netflix

Amazon Prime
The100/ハンドレッドをAmazonPrimeで視聴

U-Next
The100/ハンドレッドをU-Nextで視聴