purple dramanote.

Netflix愛用者がNetflixドラマ情報をお届けします

NetflixオリジナルのDCコミックシリーズ「タイタンズ (Titans)」作品紹介&レビュー【海外ドラマ】

f:id:theclock:20190113170119p:plain
Source: "Taitans"offical facebook

更新:2020/01/24 

Hi !!
ぱーぷるです。

この記事ではNetflixに新たに追加されたDCコミックシリーズのドラマ「タイタンズ (Titans)」の作品紹介と観た感想を書いていこうと思います。

作品紹介ではネタバレ無しですが、後半の感想ではネタバレがありますのでご注意を!

では早速いきましょう。

作品概要

公開年  : 2018年~

シーズン(2020/01現在)

ジャンルアクション、ヒューマンドラマ

IDMb評価: 7.9 (2020/01現在)

話の雰囲気Dark ☆★☆☆☆ Light

作品の特徴:ダーク、ヒーローもの

作品紹介

あらすじ

バットマンの相棒”ロビン”として悪を成敗していたディックはゴッサム・シティを離れ、デトロイトで刑事をしていた。

一方、自分の能力に恐れをいる少女レイチェル・ロスはある日、家に帰ると見知らぬ男が押し入って彼女の母親を目の前で殺されてしまう。

その男から逃げるために彼女はデトロイトへと向かう。

そして身1つで逃げ出してきたレイチェルは。

レイチェルは夢に何度も出てくるディックが目の前に現れたことが何かの暗示と思い彼に助けを求める。

主な登場人物

ディック・グレイソン
 Cast: Brenton Thwaites

元々はパッとマンの相棒”ロビン”として活躍していたが、今はゴッサムシティを離れ、デトロイトで刑事をしながら夜は悪を成敗している。

演じるのは「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」ヘンリー・ターナー、「マレフィセント」のフィリップ王子などで知られるブレイトン・スウェインツ

レイチェル・ロス
 Cast: Teagan Croft

強力な能力をもつ少女。

突然、家に現れた男から逃げている中で、デトロイトでディックと出会う。

演じるのは映画「オシリス」のインディ役などで知られるティーガン・クロフト

コリー
 Cast: Anna Diop

炎を操ることが出来る、赤髪が特徴の女性。

過去の記憶を失っている。

「24 :レガシー」ニコル・カーター役などで知られるアンナ・ディオプ

ガーフィールド
 Cast: Ryan Potter

虎に変身できる能力を持った少年。

「ベイマックス」ハマダ・ヒロなどで知られるライアン・ポッター

その他の登場人物

ハンク Cast: Alan Ritchson

ドーン Cast: Minka Kelly

ドナ Cast: Conor Leslie

ジェイソン・トッド Cast: Curran Walters

トリゴン Cast: Seamus Dever

作品の特徴

この作品は内容が暗いというのが特徴の1つだと思います。

もしくは残酷と言った方がいいかもしれません。

特にその残酷さは戦闘シーンでハッキリとでます。

マーベル作品とは大きく違う点かなと思いますね。

あとは他のDCコミックの登場人物が出てくるのも特徴的です。

登場するのは『バットマン』シリーズに関係する人たちや”ハンク”と”ドーン”というキャラなど。

DCコミックファンにとってはたまらないと思いますね。

レビュー (ネタバレあり!)

・作品全体について

アクションシーンや作品の描かれ方はいい感じだと思ったんですが、ストーリーがどうも間延びしてる感が強い印象でした。

話があっちこっち逸れたり、回想シーンが無駄に長かったり、そもそも「その回想いる?」みないなのシーン(ハンクとドーンの出会いの話とか)があったりしてどうも話に入っていけませんでした。。

シーズン1最後のエピソードとかは、「え、これで1話終わり?」ってびっくりしちゃいました。。

もっとメインキャスト(特にディックやレイチェル)にフォーカスしたストーリーをして欲しかったですね。

 

・レイチェルが良い!(キャラクターについて)

一方で、登場人物には基本的には好印象でしたね。

特にいいなと思ったのはレイチェルです。

教会を意図も簡単に吹き飛ばしたりしたり、体格差のある相手も簡単に倒したり、さらには怪我を治癒できたりするけど、それらの能力を上手く操ることができず、そのせいで周りの人に迷惑がかかることに罪悪感を感じている彼女がなんか共感できて、応援したくなるんよね。

彼女はどうやらストーリーの行方を左右する重要人物のようですし、今後の彼女の動向は注目したいところ。

 

・他のDCコミック作品ありきの展開

ここまでだいぶ辛口なコメントが続いたのですが、そもそも話についていけないのは私のDCコミックに対する知識の薄さがあるのかなと思います。

私はDCシリーズはドラマが『スーパーガール』と『iゾンビ』、映画が『ワンダーウーマン』と『スーサイド・スクワッド』の全部で4つだけ。

この4つの内、わずかに関係があるのが『スーサイド・スクワッド』だけ。

なので作品内のバットマン関連はもちろん、ゴッサムシティーが舞台の話を全く知らないんですよね。

そんなこともあってこの作品中に度々、置いてけぼりをくらうシーンがありました。

もしかしたらこの作品はDCコミックに詳しい人にフォーカスしてて、私のように予備知識が全くない人は対象にしていないのかもしれませんね。

 

そんな感じで私はあまり楽しめなかったので、シーズン2を観るかは未定ですね。

ちなみにシーズン2への更新は決まっているみたいです。

最後に

「タイタンズ」などその他の作品紹介記事やNetflixオリジナルドラマ関連記事は以下のリンクからどうぞ↓

 

 

と言った感じで今回はこの辺で

ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひ下のボタンからこのブログの読者になりましょう!
私のこれからの励みになります。