ぱーぷるのNote.

主に海外ドラマ,PCの事について自分の意見をメモのように残しているブログです。

Happy Ever After…「シャドウハンター」シーズン3Bを観終えた感想

f:id:theclock:20190525202752p:plain

source: "shadowhunters" offical facebook

Hi !!

最終話が更新されて時間が空いてしまいましたが、ついに完結したネトフリオリジナルドラマ「シャドウハンター」のシーズン3Bのレビューいきたいと思います。

それぞれのキャラクターの側面から振り返ります。

これまでのシャドウハンターに関する記事は以下のリンクからどうぞ!

では早速いきましょう!

※ネタバレ注意!!

クラリーとジョナサン

兄弟である2人はどこか惹かれあるところがあり、8話のハロウィンの出来事を境に2人の絆は強固になる。

シャドウハンター達を離れてジョナサンと行動するようになったクラリーでしたが、”グロリアス”を使ってジェイス達に救出される。

クラリーとの絆を失ったジョナサンは暴走して、シーリー女王によって完全に闇落ちしてしまいます。

でも最終的に彼はクラリーによって倒されて2人のストーリーは完結。

 

少ないエピソードでギュッと短縮された感が否めなかったものの、いいストーリーだと私は思いましたね。

根っこからの悪役ではなく、共感できる点が多かったジョナサンの最後はいい終わりだったと思います。

ジョナサンを倒す瞬間のクラリーの悲しむシーンにはとても感動しました。

ただ、ジョナサンあっさりと倒されすぎかな (笑)

尺の関係があるでしょうが、もっと時間かけても良かったと私は思いますね。

マグナスとアレク

恋人同士の2人の関係は失われたマグナスの魔力によって悪い方向に。

アレクはマグナスの魔力を取り戻すために、アスモディウス(マグナスの父)と取引。

魔力を戻す代わりにマグナスと別れる決断をアレクはします。

そしてアレクに別れを切り出されたマグナスは意気消沈。

でも最終的にはやっぱり2人は色んな危ない橋を渡り、イードムと現実世界を渡って復縁します。

最終話で盛大なウェディングをして完結。

この作品の中で一番ハッピーエンディングだったのは彼らかなと思いますね(笑)

 

あと、マグナスって中々面白いキャラクターだったと思います。

自由奔放な性格とピカイチの能力を持つ彼が、作品を通してメインキャストの中で個人的に一番好きでした。

ジーとサイモン

シーズン1から仲が良く、友人としての関係が長かった2人でしたが、ハロウィンのエピソードを境に急接近。

その後、結ばれたのですがクラリーを助けた時に受けた傷でイジーは"天使の炎"をまとい、デーモン(サイモン)に触れれない状態に。

でもその力で、シーズン3に散々苦しめられたリリスをあっさりと倒しちゃいます(笑)

このシーズン3Bは全体的に敵があっさり倒され過ぎなのが気になりますよね。。

エピソード数の関係で止む無しといったところかな。

 

そしてリリスを倒したあと、イジーはその力に押しつぶされそうになりますが、仲間の協力で救出されて最終的にイジーとサイモンは晴れてカップルになります。

この2人がくっつくのは正直予想外でした。

お似合いだとは思いますけど(笑)

マイヤとジョーダン

このシーズン3Bのレビューで度々、言ってますが、彼らって必要だったのかな?

最終話まで観終えてもなお彼らの存在意義は分からずじまい。

クラリー達と最後までほとんど関わり無かったし、エンディングも人狼のパック(群れ)とたまり場の中華屋を継ぐという何とも言えないラスト。

彼ら(特にマイヤ)のストーリーに割いた時間を他のストーリーに充てた方が作品としてもっと濃い内容にできたんじゃないかなと私は思いますね。

クラリーとジェイス

この2人は互いに愛し合っているものの、度重なる災難で中々上手いこといかない印象で、このシーズン3Bも例外では無かったです。

クラリーは最終回で天使からの使いとして来た彼女の母と再会。

クラリーママの久々の出演は私にとってもサプライスでしたね。

そのクラリーママは自在にルーンを生成しているクラリーを天使がよしと思っていないことを伝え、これ以上のルーン生成を禁止ます。

それでもクラリーはジョナサンを倒すためにオリジナルルーンを使用。

その報復としてシャドウハンターとしての資格を失います。

つまりそれはシャドウワールドの存在とその世界にいた記憶を全て失うことを意味して、結婚式で何も知らない仲間と涙をこらえながら別れを告げるシーンはこっちが泣きそうになりました。。

そうして完全に現実世界に戻った彼女ですが、1年後”天使の許し”でジェイスと晴れて再開。

でも覚えているのはジェイスという存在だけのようでそれまでの過去の記憶は消えたままのようですね。

でもまあ、最後の最後まで災難続きな2人でしたけど、何とかハッピーエンドを手にした様子で良かったです(笑)

最後に

それでは最後にこの作品全体を通して思ったことを少し。。

これほど上り調子に内容が良くなるドラマは他には無いと個人的に思います。

シーズン1こそ映画版を雑に仕上げたような出来でガッカリしてたんですが、シーズン2以降、しり上がりに面白くなっていったように私は感じています。

シーズン3くらいからは映像もシネマチックになってストーリー以外でも見ごたえありましたし、もっと続きを観たかった作品だったかもしれません。

 

 

と言った感じで今回はこの辺で

ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひ下のボタンからこのブログの読者になりましょう!
私のこれからの励みになります。