purple dramanote.

Netflix愛用者がNetflixドラマ情報をお届けします

【ジャンル別おすすめNetflixドラマ】犯罪者が主役のドラマ5選|至高の非現実体験

f:id:theclock:20200419183727j:plain

Hi !!

Netflixドラマ大好きブロガーのぱーぷるです。

この記事ではおすすめのNetflixオリジナルドラマ紹介をやっていきます。

今回の選定テーマは「犯罪者が主役の作品」

現実では味わえない(というか、味わってはいけない)体験を描いたクライムドラマを5つ紹介していきます。

至高の非現実体験をしたい方、要チェックですよ。

では早速1作品目から!

ペーパー・ハウス

f:id:theclock:20190515174137p:plain
source: Netflix.com

公開年   : 2017年~

シーズン  : 3

IMDb評価: 8.5

造幣局へ押し入った犯罪集団

自らを”教授”と名乗る人物が率いる強盗集団がスペインの造幣局に入り、世紀の強盗を始めるクライムドラマ

強盗団が国民のヒーローに?

誰もが一度は憧れたことがあるであろう”完璧な銀行強盗”の一部始終を観ることができる、これまでにありそうで意外と無かったTVシリーズ。

強盗団と警察の駆引きは手に汗握る展開の連続で見応え抜群です。

Netflixドラマで特に人気の高いシリーズの1つで、映画「オーシャンズ11」とかが好きな方は絶対に気に入る内容ですよ。

YOU‐君がすべて‐

f:id:theclock:20181228205329j:plain
source: "You" offical facebook

公開年   : 2018年~

シーズン  : 2

IMDb評価: 7.8

美女に一目ぼれしたサイコパス

主人公ジョーはブルックリンで小さな本屋を営む見た目はいたって普通の若者。

しかし、裏には想像もつかない面を持っていた。。

そんな彼はたまたま店に訪れた女性ベックに照準を合わせる…

といった所から始まる主演「ゴシップ・ガール」ダン役で知られるペン・バッジリーのクライムスリラー。

なぜか恨めないストーカーの話

好きになった女性をSNSを駆使して巧みに接近する不気味さがありながら、こじれた家庭環境に苦しむ隣人の少年には優しく接する優しい面があり、様々な顔を主人公は持っています。

そのためか、一歩引いた目で見たら普通にヤバいやつなんですけど、観てると何故かそうは思わなくてむしろ共感してしまう場面もある不思議な魅力が主人公にはあって、それがとてもクセになります。

また、私が推したいのは映像とか作品の構成。

ブルックリンという下町の良さを引き出す”ぼかし”が利いた映像と主人公ジョーによるちょっと不気味なナレーションなどストーリーとは違う所のこだわりが個人的におすすめです。

オザークへようこそ

f:id:theclock:20190515173527j:plain
source: "Ozark" offical facebook

公開年   : 2017年~

シーズン  : 3

IMDb評価: 8.4

田舎町で資金洗浄を始める家族

麻薬取引するマフィアに、とんでもない額の資金洗浄をするように強いられた主人公マーフィは家族で田舎町オザークへと引っ越す。

というところから始まるクライムドラマ。
 

止む無く犯罪を犯す主人公

麻薬王の資金洗浄をしていた会社の同僚がその金をくすねていたことがバレて殺され、代わりに資金洗浄をするように脅迫された主人公。
この作品の主人公は生き残るため、家族を守るため、止む無く犯罪を犯しています。
でも、やり口は徹底していて戦略的。
そんなギャップが面白いし、のどかな田舎町で繰り広げられる水面下の駆け引きは目が離せなくなります。
話はかなりダークで1話当たりの時間も1時間前後とボリュームがあってハードルは高いものの、シーズン3の公開後にIMDbの評価が0.1ポイント上昇する(非常に珍しい現象)ほどに作品全体を通して完成度が保証された評価の高い1本です。

ハウス・オブ・カード

f:id:theclock:20200422065438j:plain

source: "House of Cards" offical Twitter

公開年   : 2013~2018年

シーズン  : 6 (完結)

IMDb評価: 8.7

政界のリアルな裏側を描く

下院議員の主人公を裏切った人々への復讐劇を描いた政治もの。

映画顔負けの映像と音楽に加えて、緊迫感のある展開が特徴的な初代Netflixオリジナルドラマです。

主人公の行動をあなたは許せますか?

この作品では自身の復讐や保身のためなら手段を選ばない政治家をノンフィクションかのようにリアルに描いています。

目を背けたくなるような汚いことを平気でやってしまう腹黒さと正義ずらした犯罪者の姿は衝撃を受けつつも、気がついたらその展開に目の離せなくなってしまっています。

とはいえ個人的に主人公の行動は一線を越えてるように感じていて、でもこれは職業や年代によって感じ方は変わってきそうだとも感じます。

皆さんがどのように感じるか、それは観てみて判断してみて欲しいですね。

パニッシャー

f:id:theclock:20200101094610p:plain
source: "Marvel's The Punisher" offical facebook

公開年   : 2017年~2019年

シーズン  : 2 (完結)

IMDb評価: 8.5

極悪者には”死の制裁”を…

家族を無残に殺された元海兵隊の主人公フランクはその復讐のため、次々と制裁を下していくクライムアクション。

主演は映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」などに出演のジョン・パーンサル

その他、シンガーのニック・ジョナスの妻で多数の映画に出演するアンバー・ローズ・レヴァ、映画「ナルニア物語」シリーズなどに出演するベン・バーンズなど豪華なキャスト陣が印象的な1本です。


警察に追われる極悪”ヒーロー”

Netflixオリジナルのマーベルシリーズの5作品目でありながら、デアデビルに次いで評価の高い作品。

復讐のために次々に人を殺めるためにFBIに常に追われる主人公にヒーローらしさはゼロ。

でも、彼のバックグランドや過去を知るとどんなスーパーヒーローよりもカッコよくて人間味に溢れていることに気づかされます。

敵には冷徹で味方には情に厚い、そんな主人公のキャラ像に魅力がこの作品の最大の見どころです。

スカッとするアクションシーンも含め、見ごたえ十分です。

最後に

ここまで読んで頂きありがとうございました!

もし、この記事を気に入ったらぜひシェアお願いします。

では、また別の記事でお会いしましょう♪

この他のNetflixオリジナルドラマ関連記事は下のリンクからどうぞ↓