purple dramanote.

Netflix愛用者がNetflixドラマ情報をお届けします

「ウィッチャー」の世界一望できるサイト”Map of the Continent"について【Netflixオリジナル】

最終更新: 2020/02/17

f:id:theclock:20200206071644p:plain

source: "The Witcher Netflix" offical facebook

Hi !!

ぱーぷるです。

この記事ではNetflixオリジナルドラマ「ウィッチャー (The Witcher)」に関するちょっとした小ネタをご紹介。

先に断りますが内容に「ウィッチャー」シーズン1のネタバレを含みます。

ストーリーに大きく関わる内容では無いですが気にする方はここまで。

少し前に「ウィッチャー」について調べ事をしていると、偶然あるサイトを見つけました。 

その名は”Map of the Continent”

リンクは上に貼ってるもので、このサイトは何かと言うと「ウィッチャー」の舞台となる世界の地図です。

原作やドラマで国々の位置関係は言葉だけの説明で、イメージがしにくいんですが、このサイトで世界の全体像を目で見ることが出来ます。

 

そして、このサイトはそれだけでなく他にもいくつか便利な機能があります。

この記事では個人的に便利な使い方をこれから2つほど解説していきます。

各エピソードが起きた年代をチェック

地図の下には年代のバーがついてます。

そこでは主要な出来事とドラマのエピソードが起きた年代を知ることが出来ます。

なので、このエピソードの出来事がいつ起こったことだろうって思ったらここで確認するとちゃんと書いてある訳ですね。

こういうのが無いと理解できないのはそもそも問題かもしれませんが、まあシーズン1の分かりにくい時系列がここでしっかり理解できます。

 

話それますが、時系列を改めて眺めてると、ゲラルトのドラゴン退治からシリのもとへ行くのまでの間が僅かに1年しかないのに驚きました。

もっとポッカリと時間が空いてるものだと思ってました。

逆に1話目のレンフリとの闘いはめっちゃ昔の出来事なんですね。

レンフリの死に際に言った、予言じみた発言が30年も先のことを言ってるなんて、ゲラルトはその時、思いもしなかったでしょうね(笑)

検索で人物や土地を調べる

サイトには検索ボックスがあります。

そこに人物や土地を入力するとそれに関連する内容が一覧で表示されます。

 

この機能がブログを書いている私にとっては非常にありがたいんですよね。

例えば”あの国の王様って誰だっけ?”ってとき、ここで国を検索すると写真付きで結果が表示されます。

いちいち色んなサイトを調べに行く必要が無く、このサイトだけで調べ事が完結するのは非常にありがたいです。

日本語に対応していないので英語で入れることになるのは不便ですけど、英語の勉強だと思えばそこまで苦にはなりません。

最後に

ここまで読んで頂きありがとうございました!

この記事を気に入った方はぜひシェアお願いします。

では、また別の記事でお会いしましょう♪