purple dramanote.

海外ドラマについてアレコレ、気ままに綴ります。

スケールアップして帰ってきた!「ロスト・イン・スペース」シーズン2を観た感想【海外ドラマ】

f:id:theclock:20191218190915p:plain
source: "Lost in Space" offical facebook

Hi !!

ぱーぷるです。

この記事では2019年12月24日に配信が開始されたネットフリックスオリジナルドラマ「ロスト・イン・スペース (Lost in Spcae)」シーズン2を観た感想をネタバレありでやっていきたいと思います。

まだ、観ていないかたはご注意を!

シーズン1の振り返りは下の記事からどうぞ↓

では早速いきましょうか。

シーズン2からの新キャラ

サマンサ
 Cast: Nevis Unipan

ロボットの襲撃から脱出する際に、レゾルートに取り残された少女。

彼女の父親はドクター・スミスによって殺されているが、その事実は知らない。

ヘイスティング
 Cast: Douglas Hodge

レゾルートの技術マネージャー(?)。

ロボットが持つ先端技術のエンジンを使うことを決めた人物。

演じるのは映画「ジョーカー」や「レッド・スパロー」、「ザ・レポート」など多数の映画、ドラマに出演のダグラス・ホッジ

カマル船長
 Cast: Sakina Jaffrey

レゾルートの船長。

演じるのは「ハウス・オブ・カード」や「Mr. Robot」など多数のドラマに出演のサキナ・ジャフリー

ベン・アドラー
 Cast: JJ Feild

これまでレゾルートを動かしてきたロボット”スケアクロウ”を管理している人物。

レビュー(ネタバレあり)

・キャラクターについて

このシーズン2、個人的にはシーズン1より断然、面白くなったと感じました。

そう思った理由の1つはキャラクターです。

 

シーズン1は誰が悪者で、誰がいい人なのかがハッキリしてない部分がありました。

ヴィクターやドクター・スミスを悪者にしていたけど、イマイチしっくりこずにそのままシーズン1は終わった感じ。

 

そんな中シーズン2では、ヘイスティングといういかにも悪役っていうキャラが投入されて、構図がガラッと変わりました。

彼1人のおかげで善悪サイドがはっきりとして、ストーリーがとても潤滑に進むようになったと思います。

 

あと、ヘイスティングの登場で最も良くなったのはドクター・スミスです。

ヘイスティングという”まぎれもない悪”が追加されたことで、彼女は善でも悪でもない”グレーゾーン”というベストな立ち位置を獲得。

この立ち位置が彼女を一番輝かせてたと思いますね。

ストレスに感じていた理由は、彼女の立ち位置が間違っていたからなんだなと思うくらい、シーズン1で感じていたストレスは全く感じなくなりました。

むしろ、好感すらもてますよ。

 

・一新された映像美

もう一つ、シーズン2で変わったのがヴィジュアル面。

私の気のせいかもしれませんが、CGの出来が明らかにリアルになってるし、エフェクトの使い方とかが変わったように思います。

その変化の影響か、シーズン1より迫力が1.5倍くらいになってるように感じましたね。

 

特に映像面で驚いたのはアンモニアの採取のためにレゾルートごと突っ込んだ惑星。

ガスしかないその惑星は幻想的な世界で、おまけに超巨大で光り輝く生き物が登場したりして迫力も抜群でした。

あそこだけ見たらファンタジー映画かなにかと間違えそうな世界観でしたよ。

 

・お気に入りエピソード

 『ep.6: 寸断状態』

シーズン2で、個人的に1番盛り上がったエピソードは第6話。

水の採取のために降り立った惑星から意図せず持ち帰ってしまった謎の酸化物質によってレゾルートの道が寸断され、ぺ二ー達が孤立してしまった回です。

地味にこの作品で最も好きなキャラクターのペニーがこのシーズンで1番活躍していたのが、ベスト回に選んだ1番の理由。

あと、ドクター・スミスの”善でも悪でもないポジション”がハッキリとしたのもこの回かなと思います。

そして、忘れてはいけないのは自身が密輸業者であることを暴露してまでペニー達を助けたドンの活躍!

彼はホント頼りになりますね(笑)

 

・次なる冒険先は?シーズン3に向けて

シーズン2のラスト、ロボットの襲撃をうけたレゾルートは子供だけを1つのジュピターに集め、終着点へ向かわせることにするが、ジュピターが到着したのは壊れた星。

そして、そこには行方不明になっていた幽霊船の姿が。。

というところで幕切れ。

シーズン1の時と似たような終わり方で、非常に続きが気になるんですけど、どんな話になるのかは意外と想像がつかないですね。

ジュディのお父さんが乗っていた船ということだから、調べに行くと思われますが、その先に何が待っているかはシーズン3が出てからのお楽しみになりそうです。

 

あと、親たち側がどのようにして子供達のもとへ戻るのかも気になる所。

レゾルートで謎に影響力絶大のロビンソン夫妻が引っ張っていくのかと思いますが、そっちもどうなっていくかは想像できませんね。

 

そして忘れてはいけないのはドクター・スミスの生死。

自ら命を犠牲にしたように思われた彼女でしたが、最後の最後で子供たちを乗せたジュピターに彼女が持っていたものが。。

それを観て”そりゃ、そうだよな”ってなりました。

そう簡単に頭のキレる彼女が死ぬわけ無いですから。

最後に

「ロスト・イン・スペース」などその他の感想記事やNetflixオリジナルドラマ関連記事は以下のリンクからどうぞ↓

 

 

と言った感じで今回はこの辺で
ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひこのブログの読者になりましょう!
私のこれからの励みになります。