purple dramanote.

海外ドラマについてアレコレ、気ままに綴ります。

予想外の終盤 Netflixオリジナルドラマ「YOU 君がすべて」シーズン2を観た感想【海外ドラマ】

f:id:theclock:20191230083830j:plain
source: "YOU" offical Twitter

Hi !!
ぱーぷるです。

この記事では2019年12月26日に配信が開始されたネットフリックスオリジナルドラマ「YOU 君がすべて」のシーズン2を観た感想をネタバレありでやっていきます。

作品紹介とシーズン1のおさらいは以下のリンクからどうぞ↓

 

まだ、シーズン2を観てない方はここまでですよ!

では早速いきましょうか。

シーズン2の新キャラクター

ラブ・クイン

 Cast: Victoria Pedretti

双子の兄、フォーティが経営する雑貨店で料理教室を開いている女性。

3年前に元夫を病気で亡くしている。

演じるのはドラマ「ザ・ホーンティング オブ ヒルハウス」や映画「ワンス・アポン・ア・タイム in Hollywood」などに出演のヴィクトリア・レドレッティ

フォーティ・クイン

 Cast: James Scully

ラブの双子の兄で、雑貨店を経営しながら脚本家としても活動しているが成功はしていない。

子供時代のトラウマから、クスリやお酒に溺れるようになった。

デライラ

 Cast: Carmela Zumbado

ジョーがLAで住むアパートの管理人。

セレブ関係を主に扱うメディア記者としても働く。

エリー

 Cast: Jenna Ortega

デライラの妹。

映画の世界にあこがれを持っていている15歳。

演じるのは「アイアンマン 3」や「ジェーン・ザ・ヴァージン」の幼いジェーン役などで知られる、ジェナ・オルテガ

この人どこかで見たことあるなって思ってて、「ジェーン・ザ・ヴァージン」に出てた人やと知って、めっちゃスッキリしました(笑)

ジョーに怒ってる時のシーンとか凄いデジャブ感をありましたから。。

その他の登場人物

ヘンダーソン Cast: Chris D'Elia

有名な俳優。

過去に重い病気に倒れたが、見事に完治。

 

ウィル Cast: Robin Lord Taylor

ジョーがIDを乗っ取った”ゴースト”。

 

デイヴィッド・フィンチャー Cast: Danny Vasquez

LA警官。

デライラが気になっている。

 

カルヴァン Cast:Adwin Brown

雑貨店の店長。

 

ゲイブ Cast: Charlie Barnett

ルーシー Cast: Marielle Scott

サンライズ Cast: Melanie Field

ラブの親友達。

ゲイブを演じるのは「シカゴ・ファイア」のミルズ役の人ですね。

レビュー (ネタバレあり!)

・舞台はNYからLAへ (序盤から中盤にかけて)

シーズン2に入って舞台はブルックリンからLAへと移りました。

キャンディスの手から逃れるために、名前も変えてLAに来たという流れですが、個人的に舞台はブルックリンの方が”絵柄”が良かったなと思いました。

アンティークな色合いや’ぼかし’は、爽やかなイメージのLAに合ってないな~と序盤は特に感じました。

後半になるにつれて慣れてしまいましたけど。。

 

ストーリーは序盤から中盤にかけて、ほぼシーズン1と同じ。

ベックがラブに、パコがエリーに、ピーチがキャンディスにと言った感じで、キャラクターが様変わりしただけで、シーズン1からそれほど変化がない印象。

ただ、その中でジョーの子供時代(ムーニーとの過去よりも前)の回想が入ってくるようになったのはシーズン2になって大きく変わったところかな。

そんな感じで序盤、中盤は面白いんだけど、驚きが無い展開でちょっと物足りないな~と思いながら観てました。

ところが、このシーズン1を踏襲した展開は製作側の狙い通りだったかのように、終盤にとんでもないサプライズがありましたね。

 

・全く予想できなかった終盤

大きく話が進んだのは8話目。

フォーティの執筆を無理やり手伝わされるジョーは、彼にクスリを盛られます。

そこで、ごたごたがありながら最終的にケージに閉じ込めていたデライラを死んだ状態で見つけます。

これ、最初は犯人はジョーの正体を暴こうとするキャンディスの仕業だと、確信していたんですけど、9話の中盤であっさりと候補から消えてしまって”そしたら、誰が?”って疑問に当然なって、、そしたら9話の最後で犯人がラブと分かって”WHAT!!?”って感じ(笑)

 

そこから最終話にかけて頭で整理がつかないまま、シーズン2を完走。

今、この記事を書いているのは観終えて一夜明けてからなんですけど、それまでに冷静に話を振り返ると、ラブが実はサイコだったというオチにはそれまでの伏線が少なすぎるんじゃない?と思いますね。

1話目に積極的にジョーに接近するところや、キャンディスに対して探偵を雇うところはちょっと変わってるものの、それ以外はいたって普通だったと私は思うんですよね。

”そんな伏線、気づくか!”って言いたくなります(笑)

いつもドラマは展開をある程度、予想しながら観てて、その予想は大概当たるんですけど、今回ばかりは全く見当はずれな予想になってしまって悔しかったですね。

この作品にあっぱれを言いたいです。

 

・ベックがゲストで登場!

シーズン1で主役として出て、最後はジョーに殺されたベックがシーズン2で登場するのかどうかは私が気にしていたところでしたが、エピソード2でジョーの幻覚としてゲスト出演しました。

これは素直に嬉しかったですね。

シーズン2を観終えて思ったんですけど、シーズン1でベックの殺す決定的シーンを描かなかったのは、シーズン2をどういう風に描くかを決まってなくて、曖昧にしておきたかったからなのかな。

 

それとどうでもいいですが、ニッキー医師も最終話でゲスト出演してましたね(笑)

 

・お気に入りエピソード『ep.9: 犯人は誰だ』

 シーズン2のお気に入りエピソードはさっきも取り上げた9話目です。

意表をつかれ見事に騙されたこの話を選ばずして何を選ぶって感じ(笑)

 

・気になる次のシーズンは?

ラスト、2人と生まれてくる娘?は郊外へと引っ越しました。

これってもう結婚するとかそういう話ですかね。

結婚もしなくて郊外へ引っ越すのはさすがに無いと思いますし。

ラブは次のシーズンも登場する様子で、ジョーは早くも次なるターゲットへ照準を合わせたみたい。

シーズン3はいつになるかはまだ分かりませんが、首を長くして待ちたいと思います。

 

最後に

「YOU ‐君がすべて‐」などその他の感想記事やNetflixオリジナルドラマ関連記事は以下のリンクからどうぞ↓

 

と言った感じで今回はこの辺で
ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひこのブログの読者になりましょう!
私のこれからの励みになります。