ぱーぷるのNote.

主に海外ドラマ,PCの事について自分の意見をメモのように残しているブログです。

(ネタバレあり!)クラリー、マグナスの身に異変…『シャドウハンター(Shadowhunters)』シーズン3Bの3~5話を観た感想

f:id:theclock:20190326184930p:plain

source: "Shadowhunters" offical facebook

Hi !!

今回は毎週更新中のネネトフリオリジナル作品『『シャドウハンター(Shadowhunters)』シーズン3Bの3,4話を観た感想を書いていきます。

これまでのシャドウハンターに関する記事は下のリンクからどうぞ。

この3,4話でストーリーが大きく動きましたね。

あと画像の2人(アイリーンとルーク)にも急展開がありましたし(笑)

そんなシーズン3Bの最新エピソードの感想をネタバレありで早速いきます!

<広告>

クラリーを取り戻したシャドウハンター達のその後

2話の最後にジョナサンの元からクラリーは救出されました。

 

研究所に戻ってから、クラリーはジョナサンとの繋がりを持つルーンを消そうするけど、もちろんそう簡単には消せない様子。

消すことを諦めたクラリーとジェイスは久しぶりのデートを楽しむが、そこにジョナサンが登場。

クラリー達はジョナサンをあと一歩のところまで迫ったが、クラリーの身に起きた最初の異変によって逃げてしまう。

そして4話ではそのクラリーの異変は明確になってきます。

ジェイスがリリスに操られてる時と似たような現象で、時々我を失う瞬間がクラリーに次第に増えてきている印象。

 

この展開は個人的に結構好きですね。

やっぱりこの前の記事でも書いたようにジョナサンがかなりアクセントになってます。

3話では登場が無かったですが(そのせいか、3話は退屈なエピソードでした…)このシーズン3Bのメインキャラとして存在感を際立たせてると思います。

彼とクラリーの関係がどんな結末を迎えるのか想像が膨らみまくります(笑)

 

吸血鬼と人狼の戦争勃発

一方、非常につまらなかったのがハイディ、マイヤを中心としたストーリーですね。。

 

動機がよく分かりませんが、必死に人狼を倒そうとするハイディは悪知恵を利かせまくって、吸血鬼と人狼の間で戦闘を引き起こさせます。

その過程で人狼の大半が死に、それに対してマイヤが激怒。

そして最終的にハイディはマイヤに殺されます。

 

このストーリーが退屈だと感じる1番の理由は「彼ら(特にマイヤ)に関して興味がない」ということだと思います。

ハイディは敵方なので置いといて、マイヤって元々はサブキャストでシーズン3でメインに変わったキャラで、最初からそこまで注目してなかったキャラに対して感情移入が全くできないんですよね。

それに今までよりサイモンの存在感が薄れてて、このストーリーはどの部分を楽しめばいいのか本当に分かりませんでした。。

まあこの5話で一応、一区切りついたのでいいですけど(笑)

 

その他の出来事について

ラファエルとイジーとクレイヴ

5話でハイディの暴露によってラファエルが逮捕されることに。

連行に向かうのは過去ありのイジー

2人はとてもいい関係に収まった様子で一安心って感じですね。

 

一見するとハッピーエンディングっぽいストーリーですが、この出来事は今後のクレイヴの闇を暴くにおいて重要な布石になったのかなと私は考えてます。

クレイヴに対して不信感を募らせるイジーと関わりの深いラファエルがクレイヴに行くわけですから、これから彼らに何かがあるのは間違いなしですね。

マグナスと魔法

魔法を失ったことに苦しむマグナスは長年暮らした自分のアパートと引き換えに魔法を手に入れます。

しばし、魔法のある生活を謳歌しますが徐々に体に異変が生じ始める。

そして5話の最後に突然倒れてしまいます。

ん~、これは何が原因なんでしょうか、続きが気になります。

 

 

と言った感じで今回はこの辺で

ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひ下のボタンからこのブログの読者になりましょう!
私のこれからの励みになります。