ぱーぷるの Note.

主に海外ドラマ,PCの事について自分の意見をメモのように残しているブログです。

NHKで放送中の海外ドラマ「Reign (クイーンメアリー)」作品紹介とシーズン3のみどころ解説

Hi !!

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:3人ããã­ã¹ã

source: Reign offical facebook

今回は海外ドラマ「Reign (クイーンメアリー)」について書こうかと思います。

この作品はNHKのBSで放送されていてシーズン2までがすでに終了しています。

そしてなんと4月4日からシーズン3が放送開始

「いやでもシーズン2までを観てないし途中からはちょっと...」って思う人も多いはず。

大丈夫です!この作品はシーズン3からでも十分に楽しめると私は思っています。

なのでシーズン2までを観てない人でも楽しめるようにシーズン3での見どころを私なりに解説しようと思います。

この記事をみて気になった人は試しに1話目を観てみて下さい!

・時代背景と作品の概要

16世紀の女王メアリー・スチュワートの半生を描いた伝記・ロマンスドラマ。

フランス王宮での権力争いや陰謀、恋愛がこの作品の主な内容

ここで女王メアリーの人物像をちょっと紹介。

f:id:theclock:20180430084702p:plain

source: Reign offical facebook

メアリースコットランドの王妃であると同時にフランスと女王でもあります。

彼女は国民の幸せを第一に考える立派な女王であるが、シーズン当初はフランス宮廷の陰謀に翻弄されます。

しかしストーリーが進み度に強く、賢く成長し陰謀に対して堂々と立ち向かう力を得る。

 

・シーズン3の見どころ

1) エリザベス女王

このシーズンでの最大の見どころはやはり、スコットランド王妃でフランス女王のメアリーと敵対するイングランド女王のエリザベスとの戦いです。

シーズン1からイングランド女王の名前は何度も出てきていたのですがほとんどストーリーに関わってこなかったエリザベスがこのシーズンでとうとう本格的に登場します。

一体どんな争いになるかは分かりませんがずっと引っ張ってきたのでかなり期待していいと思いますね。

2) フランソワの容態

f:id:theclock:20180430084834p:plain

source: Reign offical facebook

次にフランス国王のフランソワです。

彼とメアリーはシーズン2で激しく仲違いしたものの、シーズンの終盤で再びよりを戻しました。

が!シーズン2の最後に医者のノストラダムスを訪れていてフランソワは重い病気を抱えていることが判明

この病がもたらす結末はこれまたシーズン3の見どころの一つだと思いますね。

3) バッシュ

f:id:theclock:20180430084958p:plain

source: Reign offical facebook

最後に3つ目の見どころはフランソワの腹違いの兄バッシュです。

彼はシーズン2でメアリーの付き人としてスコットランドから来たケナと別れて(この2人お似合いだと私は思ってたんですけどね...)魔法?で人の体を治癒する事が出来ると接近します。

しかし終盤に彼女は怪しい儀式を行って何やらバッシュに呪いのようなものをかけます。

その呪いはペイガンと呼ばれる種族のもののようです。

ペイガンはこれまで何度か(特にシーズン1で)フランス宮廷に危機をもたらしてきました。そしてバッシュは王朝側ですがペイガンの血を半分受け継いでいます。

この呪いが彼にどんな影響を与え、そして果たして宮廷には被害をもたらすのかがシーズン3のなかで明らかになると思います。

 

他にも細かい見どころはいくつかありますが大きなのはこの3つですかね。

といった感じで今回はこの辺で

ありがとうございました!