ぱーぷるの Note.

主に海外ドラマ,PCの事について自分の意見をメモのように残しているブログです。

ストーリーが2つに分岐「Riverdale (リバーデイル)」シーズン2の10話~13話の感想

Hi !!

今回はこの前にも紹介したことのあるネットフリックスのオリジナルドラマ「Riverdale (リバーデイル)」の1月中旬に更新されたシーズン2の続きを見終えたのでその感想をちょっと書こうかなと思います。

 

まだ観てない人はこれを閉じて今すぐ観に行きましょう!

f:id:theclock:20190515164720p:plain

source: "Riverdale" offical facebook

9話で連続殺人犯であるプラック・フッドの問題が一段落して、リバーデイルにひとまず平穏が訪れた。

しかし、突然ジャグヘッドが転校したサウスサイド高校が閉校になり、ヘビの仲間はリバーデイル高校に転入することに。

サウスサイドの閉校はハイラムの差し金で、いまだ全貌が全く見えない彼の裏計画は順調に進んでるみたい。

そんな中、ベティは自分の中にある闇の部分について知るために親が養子に出した兄を探し始める。

そして、アーチ-のもとにFBI捜査官 (実際はハイラムが仕向けた偽物)がきてハイラムの周辺を調べるように説得される。

というのが10話からの話の始まりですね。

この話の中で、一度別れてしまっていた、アーチ-とヴェロニカベティとジャグヘッドは復縁をします。

そして、この2組がそれぞれ別々に次の2つのストーリーを歩んでいきます。

それぞれのストーリーついて思ったことが少しあるのでそれを書いてこうと思います。

 

・ベティとジャグヘッドはベティの兄をめぐる話。

まず、こちらベティサイドから。

こっちの話で思ったのがベティの母の変わり様ですね。

シーズン1とかでは、彼女はどっちかというと気が強くて、考えがしっかりしてたイメージだったんですけど、このストーリーだと、自分の息子に骨抜きされてて、自分の娘であるベティに殺人の隠ぺい工作を手伝わせたりと親として最低な行動ばかりしてて、この人に一体なにが起こった?と思ってしまいました(笑)

確かに、娘のポーリーに拒絶されて落ち込んでるのは分かりますけど、それでここまでおかしくなるのかと疑問に思いましたね。

このベティの兄の話は今後どう展開していくのかな~

予想がつかないです。

 

・アーチ-とヴェロニカハイラムの陰謀に関する話。

続いて、ハイラムサイド。

こっちの話を観てて思ったのはハイラムを含めたロッジ家は思ったより、手強いなということですね。

最初はすぐに彼らの陰謀はバレるのかと思ってたんですけど、アーチ-ロッジ家側に取り込まれたのを観ると一筋縄ではいかなさそう。。

彼らの行動は結構大胆なんですけど、ほとんどボロを出さなくて今のところ彼らの計画は順調そのもの。

ジャグヘッドが何となく彼らの尻尾を掴かけてますが、彼らの陰謀を暴くのは現状難しそうに感じました。

ただ、この陰謀阻止のカギはヴェロニカにありそうですね。彼女が行動が展開を大きく左右しそうな気がします。

皆さんはどう思いますか?

_______________________________ 

14話以降は3月8日から毎週1話ごとに更新されるみたいですね。

公開が待ち遠しいです!

 

 といったところで今回はこの辺で

ありがとうございました!